シゴトガイド
ホーム求人情報応募・面接のコツインタビュー・記事シゴト図鑑
  1. シゴトガイド
  2. インタビュー・記事
  3. 私が選んだ職場
  4. 車の修理を通じて学ぶ楽しさを知る【輪島電装株式会社】

車の修理を通じて学ぶ楽しさを知る【輪島電装株式会社】

2024年6月10日公開

私が選んだ職場

環境の変化を機にキャリアチェンジを行った高橋さん。これまでに培ったスキルだけでは通用しないことを痛感するも、先輩たちから教わる高い技術に触れて学ぶ楽しさを知り、自動車修理に必要なスキルの習得に励んでいきます。

整備員/高橋秀明さん(34歳)
函館市出身。勤務歴1カ月。探究心が強く、興味を持つととことんのめり込む性格。

長年希望していた会社に転職を果たす

屋内の配線や照明の工事など、電気工事の業務に携わっていた高橋さんは昨年末、新たな職場探しの準備に入りました。「子どもが小学校に上がるなど、家庭の事情で地元に戻ることになったんです。以前、バスにカーナビなどの電装品を取り付ける会社に勤めていたことがあり、いつか同様の仕事に就きたいと考えていました」。

年が明け、転職先候補を絞り込む中、入手した「シゴトガイド」に以前から関心を寄せていた輪島電装株式会社の求人広告を発見。すぐに担当者に連絡を取り、面接を受けることが決まりました。「実は数年前にも同社の求人を見かけましたが、引っ越しやキャリアチェンジを行ったばかりで時期が合わず、諦めた経緯があったんです。今回はタイミングもピッタリだったので迷わず応募しました」。

面接では履歴書に加え、入社して取り組みたい業務や仕事への思いをつづった別紙を提出し自らをアピール。担当者からの質問にもしっかりと答えて対応した結果、数日後に採用の連絡を受けました。

メモとスマホのカメラで重要なポイントを記録

新しい職場では電装品の取り付け作業の他、自動車の修理サービスを提供しており、高橋さんは未経験の業務にもチャレンジすることになりました。「修理業務の第一歩は、『エンジンがかからない』、『エアコンが冷えない』など、現象の原因究明から勉強します。車の構造を理解していないと対応できないことが多く、修理についてはゼロからのスタートでした」。

先輩の作業に立ち合いながら説明を受け、チェックするポイントや不具合を見つけるコツをメモに取り、複雑な作業はスマホのカメラを使って記録。分からないことがあれば、その都度質問します。「部品や用具など専門用語が多いので、事前に会社から支給された資料に目を通し、意味の分からない言葉が出た時には『どういう意味ですか』と理解できるまで尋ねます」。

一方、経験のあった電装品の取り付けについては、どうにか対応できている状態とのこと。ただし、ここ数年で登場した機器も多く、バックカメラのように少しだけ車体の一部が映る角度の調整が必要なものもあって、経験を重ねて作業精度とスピードを上げることが当面の課題だと感じているそうです。

スキルアップを自覚し仕事が生きがいに

毎日のように未知の作業に向き合う高橋さんですが、こうした状況は楽しくてしょうがないと言います。「先輩たちの知識がとても豊富で、初心者の私にも出し惜しみすることなく丁寧に教えてくださるんです。対応できる作業が日に日に増えていく感覚が楽しくて、毎日早く会社に行きたくてそわそわしています」。

先輩たちの指導のお陰で、不具合の原因を特定するスピードも上がり、時には最初のチェックで故障部を見つけることもあるとのこと。自らの成長ぶりを喜ぶ一方、浮かれることがないようにと気を引き締めて作業に取り組むことも忘れません。「電装品の取り付けでは、場合によっては火花が散ってショートし、最悪の場合は機器が壊れてしまうこともあります。既存の高価な機器を壊してしまう恐れもあるので、取り付け方にミスがないか注意が必要です」。過去にはヒヤリとした経験もあり、作業中は何度も確認することを心掛けて、ミスを防いでいるそうです。

転職してからひと月、「この職場で働くことができて良かったと心から思います」と話す高橋さんは現在、年に1回行われる社内資格の試験に向かって猛勉強中。「資格によって担当できる業務が異なるので頑張りたいですね」。持ち前の向上心を武器にコツコツと経験を重ね、先輩たちの背中を追いかける表情には笑顔が浮かんでいました。

  • 先輩に作業手順と確認ポイントを教わる

  • 不具合の原因を一つひとつ調べる

  • 取り外した内装パネルを元に戻す

新しい技術を学び続ける気持ちが重要

サービス部 主任/亀田大輔さん

高橋さんはやる気が誰よりも強い人ですね。分からないことを分からないままにせず、理解するまで質問を続ける姿をよく見かけます。車業界は技術の進歩が早く、対応するために常に勉強が必要です。私自身もそうでしたが、異業種から中途で入社しても、頑張り次第で先輩たちのレベルに追いつけるので、挑戦していく気持ちが大事ですね。大いにやりがいのある業界ですよ。

輪島電装株式会社

創業から45年、電装パーツの取り付けと、乗用車からバス、重機などの働く車まで多種多様な車の修理を行ってきた自動車整備会社。働きやすい職場づくりにも取り組んでおり、社員旅行は従業員の家族も参加する人気の定番行事になっている。

北海道函館市西桔梗町854‐5
TEL.0138‐48‐8181