シゴトガイド
ホーム求人情報応募・面接のコツインタビュー・記事シゴト図鑑
  1. 旭川シゴトガイド
  2. インタビュー・記事
  3. 気になる職場
  4. 生産性を高めて「人にあたたかい」家づくりを行っています【株式会社大丸ホーム しろくまハウス】

生産性を高めて「人にあたたかい」家づくりを行っています【株式会社大丸ホーム しろくまハウス】

2023年8月7日公開

気になる職場

一般的な住宅に比べてローコストで新築・注文住宅が購入できる株式会社大丸ホームの「しろくまハウス」。同社を尋ね、その仕組みや企業方針、働き方などについてお話を伺いました。

各事業をブランド化。低価格の新築住宅専門店を運営する。

「物心を豊かにする」を経営理念として掲げる株式会社大丸ホームは、1993年5月に設立。これまでに2000棟以上のリフォームやリノベーションの実績があります。「リフォームの他にも事業が多岐にわたってきたため、各種事業をブランド化しました。その一つが『しろくまハウス』で、新築や注文住宅の販売を専門にしています」。そう話すのは、代表取締役社長の田中裕輔さんです。

しろくまハウスを立ち上げたのは2018年9月のこと。生産性を上げて受注件数を増やしたいという思いからでした。「ローコスト住宅専門店」として旭川・留萌エリアをメインに、車で90分圏内の新築ニーズに対応。営業、現場、事務、不動産、サポートと担当を分け、6名で業務を行っています。「一般的な注文住宅の場合、決めることも多く住宅の完成までに時間がかかり、関わるスタッフも10人ほどが必要になります。しかし、当社では営業1人、現場2人の計3人で対応しているんです」と田中さんは話します。

さまざまな手法でローコストを実現

なぜ、たった3人という少人数で対応が可能なのでしょうか。それは、決まった仕様の中から選んでいく方式にありました。既定のパターンから選ぶことで関わる人員を減らすことができ、相談から受注までの時間も通常の半分以下になるのだといいます。また、「全国100社以上と提携し、良質な部材を共同で数多く購入することにより安く仕入れているのも特徴の一つですね」と田中さん。人件費や単価の他にも広告費をカットしたりするなどの仕組みや企業努力で価格を抑え、ローコストを実現しています。

同社では担当ごとの働き方にも特徴があります。例えば営業担当は歩合制で、1件契約が決まるごとに報酬があり、金銭面はモチベーションの一つです。現場担当は施工管理がメインになりますが、現場作業代理の範囲を提携業者と分割。その分必要な知識や負担が減るため、複数の案件を並行してこなすことができます。こうして生産性を高めることで、通常なら1人当たり年間に3棟しか注文住宅を請け負えないところを、同社では5棟請けることが可能なのだそうです。

人柄や気遣いができる性格を重要視

人材育成や評価の面で田中さんが重視しているのは、人間性の部分です。契約の決め手も価格ではないといい、「しろくまハウスの特徴はローコストではありますが、本当の売りは『人』。この人から家を買いたいと思える人柄が大事だと考えています」。そのため全社員に指導しているのは「今すぐ、必ずやる」こと。お客様だけでなく周囲からの信頼を得るためにも、後回しにせず、すぐ取り掛かることが大切だといいます。人に対する気遣いも重視していて、コミュニケーション能力が職場で活躍する鍵になりそうです。

また、仕事ができるかどうかは雰囲気や細かいところに現れる、というのが田中さんの持論。「例えば車の奇麗さや物を大事に使う姿勢を見ています。直接仕事と関係ない部分でもきちんとしている人は評価しています」。そうした心配りが企業姿勢として表れているのが、高性能の断熱材を標準仕様としている点です。「私たちが建てているのは、住んだ後も維持費が掛からない家です。そういう住宅を旭川近郊に増やしていけたらいいですね」と田中さん。しろくまハウスでは、今日もお客様の持続的な幸せを作り続けています。

  • 必要な見積もりや資料をパソコンで作成

  • 完成した家は断熱効果が高く、光熱費など維持費までローコスト

  • マイホームを検討するお客様へ、内外装や玄関ドアなどを提案する

事務担当の甲斐恵梨菜さん(勤続8年)に3つの質問

Q.職場の雰囲気は?
A.社長室がなく、社長とも話しやすいのが良いところ。すてきな職場です。

Q.どんな時にやりがいを感じますか?
A.自分が作った資料を、担当スタッフに使ってもらえている時にやりがいを実感できます。

Q.自身の目標や課題は?
A.社長が思い描くように、早く効率的に仕事をしていきたいと思っています。

株式会社大丸ホーム しろくまハウス

ローコスト住宅専門店として2018年に立ち上げた株式会社大丸ホームのブランド。資金面でも無理のない家づくりをサポートし、さまざまなプランを基に注文住宅を受注している。

北海道旭川市春光5条8丁目13‐7
TEL.0166‐51‐0313
https://shirokuma-house.com/

シゴトガイドで配信中の

株式会社大丸ホームのお仕事情報